偏光板(POLAX)・波長板(RETAX)・歪検査器(ストレインアイ)・光学部品、光学機器の製造・販売 メーカーの株式会社ルケオ

株式会社ルケオ

〒173-0024 東京都板橋区大山金井町30番9号

TEL03-3956-4111

お問い合わせ

株式会社ルケオ

技術者ブログ

ニュース・ブログ

歪検査器の見え方について

■歪検査器の見え方について
みなさまにわかりやすく歪検査器のことを知っていただくために、営業部が作成した「歪検査器の見え方について」のリーフレットの内容をお届けします。

■歪検査器
ガラスやプラスチック製品には、内部に力が加わっています。内部の力のバランスが崩れた状態を歪と呼び、目で見ることができず、破損などの原因になるものです。歪検査器は、その目に見えない内部の力を「見える化」して、製品の品質を管理することができます。

■見え方の例

・円偏光法

 美しい虹色の周期から比較的大きな歪を評価することが可能。 ~ 樹脂製品の評価が得意

・鋭敏色法

 赤・青の色鮮やかなコントラストから微小な歪を評価することが可能。~ ガラスの評価が得意

 

■評価事例・用途

「歪検査器の見え方について」のリーフレットには、評価事例・用途もわかりやすく掲載しています。ぜひ、ご覧いただき、歪検査器をご利用いただく際の参考にしていただけるとありがたいです。

ルケオではサンプル測定を承っておりますので、いつでもお気軽に申しつけください。

 

歪検査器の見え方について(Jpn.)

https://www.luceo.co.jp/cms_21lco/wp-content/uploads/2022/02/歪検査器の見え方について_202202.pdf                     

 

歪検査器 製品情報(Jpn.)

https://www.luceo.co.jp/product/lsm/

 

問い合わせ先:https://www.luceo.co.jp/contact/

一覧へ戻る