偏光板(POLAX)・波長板(RETAX)・歪検査器(ストレインアイ)・光学部品、光学機器の製造・販売 メーカーの株式会社ルケオ

株式会社ルケオ

〒173-0024 東京都板橋区大山金井町30番9号

TEL03-3956-4111

お問い合わせ

株式会社ルケオ

表面応力計/ガラス強度計

製品紹介

SURFACE STRESS METER / GLASS STRENGTH METER
表面応力計 / ガラス強度計

FSM-6000X

FSM-6000x

model: FSM-6000X
強化ガラスの表面応力測定装置


特徴

  • 非破壊測定
  • 自動測定により測定者の個人差がない
  • PCにデータ保存される為品質管理が容易
  • 校正用標準器の使用で機差は最小限
  • 測定結果の外部出力が可能
  • 断面応力分布がグラフ表示される
  • OK/NGの判定機能付き(標準装備)

オプション
  • ガラス板厚の自動測定(厚み測定機能)
  • 視野のワイド化(広視野測定機能)
  • 浸液供給装置 オートディスペンサー
  • ワンタッチスイッチ( OK/NG 判定機能時)
    別売装置が必要です(別途カタログをご覧ください)

本製品は、ガラスの表面に沿って光を伝搬させ、光弾性技術により表面の応力やその深さを測定するものです。
特に、化学強化ガラスの測定は本製品が唯一の表面応力測定装置です。
また、測定者による誤差が少なく、製品の開発や管理等に優れた機能を発揮します。

  • プリズム形状が変わり、浸液による汚損の影響を受け難くなりました。
  • 調光方式が光学フィルター式から電気式に変わりました。
タイプUV可視光IR
光源LED 595±10nmLED 596±10nmLED 790±10nm
測定範囲CS0-1000MPa0-1000MPa0-1000MPa
測定範囲DOL5-50μm10-100μm10-200μm
測定精度 CS ±20MPa , DOL ±5μm
測定対象 化学強化ガラス、物理強化ガラス
サンプル形状 平面 10×10mm以上
PC 専用(OS、測定ソフトインストール済み)
OS Windows 10 64bit
ソフトウェア FsmX
重量 14kg(本体)、10kg(PC)、3kg(モニター)
寸法 280*600*220mm(本体)、290*93*292*(PC)、512*180*397(モニター)
  • fsm-6000x
カタログダウンロードカタログダウンロードカタログダウンロード

FSM-7000H

FSM-7000H

model: FSM-7000H (屈折計型ガラス表面応力計)
2段化学強化ガラスを測定できるソフトウェアにバージョンアップ!


光源波長:595nmタイプ

  • FSM-6000LEと同様にガラス表面の応力やその深さ等を非破壊で測定します。
  • 2段化学強化ガラスを測定できるソフトウェアを搭載しています。断面応力分布がグラフ表示されますので、2段化学強化の評価も容易です。
  • ハンディータイプの装置なので、測定するガラスの上に載せて測定します。測定ヘッドの重量は1.5kgと軽量です。強化した大判ガラスの測定に適しています。

表面応力測定が可能
大型の熱強化ガラスの表面応力測定を自動で行うために開発された装置です。 測定ヘッドが小型なので、大きなガラスの上に測定ヘッドを載せて表面応力を測定することができます。

品質管理が容易
データをそのままPCに保存できるので、品質管理が容易になります。

バッテリー不要
PCのUSBから電源が供給されるため、バッテリーは不要です。

測定対象 熱強化ガラス(錫面)、倍強度ガラス(錫面)、 超強化ガラス(錫面)、化学強化ガラス
測定範囲 応力: 0-1000MPa
応力層深さ:10-100μm
精度 応力:±20Mpa
応力層深さ:5μm
光源 LED 590nm
重量 1.5kg(本体)、2.0kg(PC)
PC 専用 (OS、測定ソフトインストール済み)
OS Windows 7
測定形状 平面 100×100mm以上
カメラケーブル 2m
カタログダウンロードカタログダウンロードカタログダウンロード

LSM-902-AT

LSM-902-AT

LSM-902-AT (バビネ型ガラス強度計)


  • LSM-902-ATは、コンピューターによる自動測定機能を搭載し、安定した測定が可能です。
  • 目視で測定するLSM-902より高精度・高感度で測定できます。

  • 干渉縞の傾きからガラスの表面応力を測定します。
  • 小型で軽量、グリップはにぎりやすいデザインを採用し、長時間の測定も楽に行えます。
  • PCの自動測定により、測定者間の誤差を解消します。
測定対象 熱強化ガラス、倍強度ガラス(錫面)
※フロート法ガラスの錫進入面、資料の大きさは、100×100mm以上
測定範囲 応力: -50-150MPa
精度 ±10%
光源 半導体レーザー 635nm,5mW
重量 1.6kg(本体)、2.0kg(PC)
浸液 GS-1(Nd=1.64)
オプション
  • 吸盤を取り付けると、垂直面に装置を固定できます。
  • 特殊測定レンジ(~80MPa or ~200MPa)に変更可能です。
  • Single ion exchange glass
カタログダウンロードカタログダウンロードカタログダウンロード

LSM-902

LSM-902

LSM-902 (バビネ型ガラス強度計)【新製品】


  • 安全性が求められる強化ガラスは、その品質管理が重要な課題です。
  • 光学専門メーカーの技術・ノウハウを生かしたガラス強度計LSMシリーズは、コンパクトで軽量 。
  • 取扱いも簡単で、高精度に強化ガラスの表面応力を測りガラス強度(強化度)を定量測定します。

  • 干渉縞の傾きからガラスの表面応力を測定します。
  • 目視測定でありながら、小さい表面応力が屈折計式より高精度、高感度で測れます。
  • <例:倍強度ガラス、フレーム曲げ時の表面応力、アニール後の残留応力>
  • 小型、かつバッテリー駆動なので、測定場所を選びません。
  • 測定面積が小さいので、曲率のあるサンプルも測定できます。
  • 測定方法が簡単なので、測定者を選びません。
測定対象 熱強化ガラス、倍強度ガラス(錫面)
測定範囲 H-type:0-150MPa
L-type:0-80MPa
分解能 1°相当(読取角度)
精度 実測定値の±10%または±5MPa
光源 半導体レーザー 635nm
重量 2.5kg
電源 単3乾電池 4本
浸液 GS-1(Nd=1.64)
カタログダウンロードカタログダウンロードカタログダウンロード

SLP-1000

SLP-1000

SLP-1000(散乱光光弾性応力計)

  • 屈折率分布に依存しない。
  • 曲面ガラスへの対応が容易。
  • ピンポイントで測定ができる。(レーザースポット径約10μm)
  • FSM-6000のデータと合成することができる。
    合成には、別途FsmV用ドングルが必要です。

本装置は従来の導波光利用の表面応力では測定できないLi+ ⇔ Na+交換による
化学強化ガラスの応力分布を散乱光光弾性を利用して測定可能にしました。
表面付近にK+の層がある場合は導波光利用の表面応力計FSM-6000による情報と合成して断面の応力分布解析を行います。

測定範囲 応力値0-2000MPa、応力層深さ10?400μm
測定分解能 応力5MPa、深さ5μm
測定精度 表面より深さ50μm以上応力±10MPa 深さ±10μm(基準ガラスに対し)
光源 LD(640nm) 30mwClass 3B
測定対象 化学強化ガラス、2段強化ガラス、物理強化ガラス
測定形状 平面-1000R 10×10mm 以上
プリズム nD=1.516
PC 専用(OS、測定ソフトウェアインストール済)
OS Windows 10 professional edition
寸法 W320×D280×H220mm(本体)
重量 10kg(本体)
カタログダウンロードカタログダウンロードカタログダウンロード