製品紹介

波長板(RETAX、HI-RETAX)

HI-RETAX-1λ(鋭敏色板)

HI-RETAX-1λシリーズは、波長530nmに対する1波長板で、鋭敏色板と呼ばれる波長板です。
直交位に組み合わされた2枚の偏光板の間に、位相差530nmの鋭敏色板を入れた場合、干渉色として鮮やかな青紫色が得られます。
位相差が530nmからわずかでも変わると、干渉色も敏感に変化します。その色の変化がきわめて繊細に反応することから、鋭敏色板と呼ばれています。
位相差が530nmよりも大きくなると、その色は青紫色、さらに青色へと変化します。
位相差が530nmよりも小さくなると、その色は橙色、さらに黄色へと変化します。
位相差のわずかなずれに対して、敏感に色相が変わることを利用して、鋭敏色検板として、偏光顕微鏡などの検板に使用されている波長板です。



※偏光板・波長板・円偏光板の総合カタログも合わせてご覧ください。
「偏光板・波長板・円偏光板総合カタログ」ダウンロード

仕様

品番 HI-RETAX-1λ-10
HI-RETAX-1λ-20
HI-RETAX-1λ-30
オプション ※光学軸方向を示す軸マークは付いておりません。必要な場合は別途ご相談ください。
※その他特注サイズ、形状等についてもご相談ください。例えばインチサイズのものでもメートルサイズに換算して対応します。
※量産についても別途ご相談ください。
  • HI-RETAX-1λ(鋭敏色板)
  • HI-RETAX-1λ(鋭敏色板)
  • HI-RETAX-1λ(鋭敏色板)
カタログダウンロード
ページTOPへ