製品紹介

歪検査器(ストレインアイ)

セミオートセナルモン        LSM-7000LE

透明なガラス・プラスチックの歪や、光学フィルムの位相差を高精度に定量測定できます。従来の歪検査器は、測定を人の目に頼るため測定者の判断に起因する測定誤差が生じておりました。本装置は、測定者の判断に頼らず、PCと測定ソフトを利用して計測することにより、人為的な誤差を軽減しております。鋭敏色法も付属しており、応力方向の解析も可能です。
PCに測定データや観察画像を記録することができます。
ズームレンズにより、小さな試料から大きな試料まで、様々なサイズに対応します。

仕様

用途 ガラス・プラスチック製品の歪検査
結晶体の歪検査
光学フィルムの位相差測定またはムラの確認など
サイズ(本体) W280×D375×H730mm
重量(本体) 16kg
検査方式 鋭敏色法、セナルモン法

検査方式 鋭敏色法の検査ガイドはこちらです。

検査方式 セナルモン法の検査ガイドはこちらです。
繰返し精度  (標準偏差) ±約1.5nm (アナライザー回転角度±0.5°)
分解能 約1.5nm (アナライザー回転角度±0.5°)
観察範囲 最大176×132mm / 最小6.9×5.2mm
光源 白色LED 3,000K
電源電圧 AC100~240V 50/60Hz
対応OS Windows 7(64bit) / Windows 8(64bit)
  • セミオートセナルモン        LSM-7000LE
カタログダウンロード

動画

ページTOPへ