製品紹介

表面応力計、ガラス強度計

LSM-902-AT          (バビネ型ガラス強度計)

● 干渉縞の傾きからガラスの表面応力を測定します。
● 小型で軽量、グリップはにぎりやすいデザインを採用し、長時間の測定も楽に行えます。
● PCの自動測定により、測定者間の誤差を解消します。
● オプション:吸盤を取り付けると、垂直面に装置を固定できます。
● オプション:特殊測定レンジ(~80MPa or ~200MPa)に変更可能です。

仕様

測定対象 熱強化ガラス、倍強度ガラス(錫面)
※フロート法ガラスの錫進入面、資料の大きさは、100×100mm以上
測定範囲 -50~150MPa (MN / ㎡)
測定精度 ±10%(測定値)
光源 半導体レーザー 635nm,5mW
寸法、重量 本体
寸法:80×160×160mm、重量:1.6kg
ノートPC
寸法:200×300×30mm、重量:2.0kg
浸液 GS-1(Nd=1.64)
  • LSM-902-AT          (バビネ型ガラス強度計)
  • LSM-902-AT          (バビネ型ガラス強度計)
カタログダウンロード
ページTOPへ