製品紹介

表面応力計、ガラス強度計

model: FSM-7000H          (屈折計型ガラス表面応力計)

大型の熱強化ガラスの表面応力測定を自動で行うために開発された装置です。
測定ヘッドが小型なので、大きなガラスの上に測定ヘッドを載せて表面応力を測定することができます。
データをそのままPCに保存できるので、品質管理が容易になります。
PCのUSBから電源が供給されるため、バッテリーは不要です。

仕様

測定対象 熱強化ガラス(錫面)、倍強度ガラス(錫面)、
超強化ガラス(錫面)、化学強化ガラス
測定範囲 表面応力:0-1,000Mpa.
応力層深さ:10-100μ m
精度 表面応力:±20Mpa
応力層深さ:5μm
光源 LED 590nm
重量/寸法 1.5kg(本体)、2.0kg(PC) / 200×150×70mm (本体)、200×300×300mm (PC)
PC 専用 (OS、測定ソフトインストール済み)
OS: Windows 7 proffesional edition
測定形状 平面 100×100mm以上
カメラケーブル 3m
  • model: FSM-7000H          (屈折計型ガラス表面応力計)
カタログダウンロード
ページTOPへ